ぬ         

     ひ              

                   

         

                   

     を    

貿易関連用語集 ひ
日本語英語発音記号解説
ピークシーズン割増料PSS(PEAK SEASON SURCHARGE)[pí:k sí:zn
sə́:rtʃάːrdʒ]
主にクリスマス時期のアメリカ向け貨物に課される割増料金。
非営利団体NPO(NON PROFIT ORGANIZATION)[nά:n | nɔ́n prά:fət | prɔ́fɪt ɔ̀:gənəzéɪʃən |-naɪ-]社会貢献活動、慈善活動を行う非営利の民間団体。
非船舶運航業者NVOCC(NON VESSEL OPERATIONG COMMON CARRIER)[nά:n | nɔ́n vésl ά:pərèɪtɪŋ kά:mən | kɔ́m- kériər, kǽr-]自ら船舶等の輸送手段を持たず、実運送業者を利用する貨物取り扱い運送業者のこと。
ヒ素ARSENIC(As)[ά:rsənɪk]金属色の固体。鼠駆除に使用される毒物として使用されるが、白血病や黄熱病、歯の神経の治療に使われる薬、半導体(LEDやCD、携帯電話等に使用)の材料、バーコードの読み取り機、農薬としても利用される。また、ヒジキや牡蠣等の海産物に微量に含まれている。原子番号33、半金属、原子量74.92。13世紀にドイツのアルベルトゥス・マグヌス(Albertus Magnus)が発見。
引っかき傷、擦り傷SCRATCH[skrǽtʃ]
ピックアップPICK-UP[pík ʌ́p]キャビン(自動車のボディ部分の乗員室)と荷台が一体となっている車のこと。
p_pick_up
ビット、係柱、係船柱BITT[bít]ホーサー(大索)又はロープで本船と岸壁又は船舶同士をつなぐ設備。直柱の場合は、暴風時にも対応できるようバース両端付近に水際線よりできるだけ離して設置し、曲柱の場合は常時の船舶の係留または離着岸の際に供するため、バースの水際線近くに配置する。
B_bitt
ビルジ、船底にたまる汚水、淦水かんすい、あか、船底湾曲部BILGE[bíldʒ]ビルジは貨物から生ずるもの、艙内の発汗によるもの、海水の打ち込み、バラスト水の引き残り、機関室やポンプ・ルームの油性水、調理室からの生活汚水等色々な原因によって発生し、貨物艙、バラスト・タンク、ポンプ室、甲板倉庫、錨鎖庫、機関室、軸路、舵機室等船内のあらゆる場所にたまる。ビルジは不要な汚水であり、排出しておく必要があるので、ビルジのたまる場所には淦水だまり(Bilge Well)があり、ビルジ・ポンプで吸引し、船外へ排出できるようになっている。しかし、機関室、ポンプ室等のビルジは油分を含んでいる場合があり、これらの排出は「海洋汚染および海上災害の防止に関する法律」、「MARPOL 73/78条約」等で厳しく規制されている。ちなみに、船員間では、小便をすることを「ビルジを抜く」と言うことがある。
ビルジキールBILGE KEEL[bíldʒ kí:l]船の揺れを軽減させるために船底に取り付けられた平面上のひれのこと。スタビライザー(Stabilizer)の一種。
ビルジ(汚水)タンクBILGE TANK[bíldʒ tǽŋk]ビルジを溜めておく船底の水槽。
ビルジバルブBILGE VALVE[bíldʒ vǽlv]ビルジの安全弁装置。
比例配分、期間相当、案分PRO-RATA FREIGHT[pròʊ réɪtə | -rά:tə fréɪt]割合運賃の意味で、1,000㎥当りUS$100,000とすれば1,300㎥の運賃はUS$130,000と言うように決める事である。また、PRO-RATEとも言う。
品目別運賃CBR (COMMODITY BOX RATE)[kəmά:dəti | -mɔ́d- bά:ks | bɔ́ks réɪt]コンテナ1本当たりにつき品目別に設定される運賃のこと。

                  

                   

                   

                   

          ぬ         

     ひ              

                   

         

                   

     を