に     ぬ         

                   

                   

         

                   

     を    

貿易関連用語集 に
日本語英語発音記号解説
荷揚げDISCHARGE[dɪstʃά:rdʒ]船から、積荷を陸に揚げること。
荷揚げ終了予定日時ETCD(ESTIMATED TIME OF COMPLETION OF DISCHARGE)[éstəmèɪtɪd táɪm əv kəmplí:ʃən əv dɪstʃά:rdʒ]
荷積み終了予定日時ETCL(ESTIMATED TIME OF COMPLETION OF LOADING)[éstəmèɪtɪd táɪm əv kəmplí:ʃən əv lóʊdiŋ]
荷印・荷番号MARKS & NUMBERS[mά:rk ənd nʌ́mbərz]荷印、荷番は、貨物が特定できるように貨物または梱包に記載された印と番号。
荷受人CONSIGNEE[kὰ:nsaɪní: | kɔ̀n-]B/Lに記載された、荷受人のこと。B/Lに基づき、荷物の引き渡しの権利を有する。 ↔荷送人(Shipper)
荷敷きDUNNAGE[dʌ́nɪdʒ]荷敷き、荷敷き材、ダンネージ[船の積み荷(貨物)に対する、他の積み荷による破損や船体による破損を防ぎ保護するためにその間に差し込む材料(むしろ、木片など)]、貨物の汚染・汚損(おそん)、移動などを防ぐため、船内の最下部に敷く荷敷板、横(サイド)の当て木。
(船体の/主にタンカー)二重構造DOUBLE HULL[dʌ́bl hʌ́l]ダブルハルとしてタンカーを建造・運航することで、万一座礁や事故で船体が傷ついても原油等積荷の流出を軽減することができる。MARPOL条約により、1996年7月以降に建造された原油タンカーは、このダブルハル構造が義務付けられている。
20フィートコンテナ換算TEU (TWENTY FOOT EQUIVALENT UNITS)[twénti fʊ́t ɪkwívələnt
j#650;́:nɪts]
1TEUは20フィートコンテナ1個分を示し、コンテナ船の積載可能容量や港湾のコンテナ取扱量を表現する際等に使用される。
荷送人SHIPPER[ʃípər]荷物の送り主
ニッケルNICKEL(Ni)[níkl]銀白色の固体。銅やコバルト、鉄によく似た性質を持ち、さまざまな金属と混ぜ合金にして活用されている。例としてステンレス(クロム・鉄との合金)、50円・100円硬貨(銅との合金の白銅)、ジェット機のタービン翼に使用されるNi超合金、形状記憶合金(チタンとの合金)等がある。メッキ、ニッケル・水素蓄電器の素材等にも利用されている。原子番号28、遷移金属、原子量58.69。1751年、ドイツのアクセル・フレドリク・クルーンステット(Axel Fredrik Cronstedt)により発見される。主な産出国はフィリピン、オーストラリア、ロシア。
二等航海士、セコンドッサーSECOND OFFICER[sékənd άːfəsər, ɔ́:f-]甲板部に所属する船員。仕事は一等航海士の補助であったり様々であるが、主な仕事は、ナビゲートや見張りである。遭難信号装置を保守している。医官である者もいる。ワッチは0-4時である。
二等航海士SECOND MATE[sékənd méɪt]SECOND OFFICERに同じ。
二等機関士SECOND ENGINEER[sékənd èndʒəníər]一等機関士の補助を行う。ワッチは0-4時である。
日本海事協会(一般財団法人)NK2009年に創立100周年を迎えた、船級関連業務を中心とし、海上の人命・財産の安全確保と海洋環境汚染防止を目的に活動している日本の船級協会。
日本船主協会JSA (THE JAPANESE SHIPOWNERS' ASSOCIATION)[ðə dʒæ̀pəní:z ʃípòʊnərz əsòʊsiéɪʃən, -ʃi-]
100総トン以上の船舶所有者、賃借人、運航業者であり、日本国籍を有する者を会員とする事業者団体。海運にまつわる様々な調査・研究を行い、諸問題の解決、海運業界の総合的な発展のために活動している。
日本貿易関係手続簡易化協会(一般財団法人)JASTPRO (JAPAN ASSOCIATION FOR SIMPLIFICATION OF INTERNATIONAL
TRADE PROCEDURES)
[dʒəpǽn əsòʊsiéɪʃən fər, fr símpəfɪkéɪʃən əv ìntərnǽʃənl tréɪd prəsí:dʒər | prəʊ-]複雑多岐な貿易関係の手続を簡素化し、貿易活動の効率化を図るために1974年に設立された団体。貿易関連書類の標準化や電子化の推進に努めている。
日本貿易振興機構(ジェトロ)JETRO (JAPAN EXTERNAL TRADE ORGANIZATION)[dʒəpǽn ɪkstə́:rnl, eks-, ékstə:r- tréɪd ɔ̀:gənəzéɪʃən |-naɪ]2003年、日本貿易振興機構法に基づき日本貿易振興会を前身として設立された。日本の貿易及び対日直接投資の促進、開発途上国地域の調査、諸外国・地域との経済協力の促進を実施、目的としている。
荷役作業日WORKING DAYS[wə́:rkɪŋ déɪz]
荷役作業停泊期間WORKING LAYDAYS[wə́:rkɪŋ léɪdeɪz]
荷役準備整頓完了通知書N/R(NOTICE OF READINESS)[nóʊtəs əv rédinəs]本船が荷役準備完了通知書を出すことになっている特定の目的地に到着したこと、また本船が荷積み、荷揚げの為の準備が完了していることを、船主側(船長)から用船者、荷送人、荷受人等に知らせる通知。
ニューギニア地域での特殊費用PNB HB CHG(PAPUA NEWGINIA HARBOUR BOARD CHARGE)[pǽpjuə, pά:puə | pǽpuə n(j)ú: gíni hά:rr bɔ́:rd tʃά:rdʒ]パイロット(Pilot)、タグボート(Tug Boat)、 岸壁使用料等がこの地域特有の費用として荷受人(Consignee)に請求される。
認定事業者AEO (AUTHORIZED ECONOMIC OPERATOR)[ɔ́:θəràɪzd èkənά:mɪk ά:pərèɪtər | ɔ́p-]貨物のセキュリティ管理と法令遵守のシステムが整備された事業者がAEOに認定される。税関や保税に対しての負担や手続きが軽減される制度で、対象は輸出入者だけでなく、倉庫業者や通関業者、運送業者、また製造業者等幅広い。

                   

                   

                   

                   

     に     ぬ         

                   

                   

         

                   

     を