icon_alphabet_other_bicon_alphabet_other_xicon_alphabet_other_yicon_alphabet_other_z

貿易関連用語集 C
英語発音記号日本語解説
CAB BACK CRANE[kǽb bǽk kréɪn]キャブバッククレーン荷台と運転席の間の組み付けるタイプのクレーン。代表的なメーカーのブランドから「ユニック」と呼ぶ事が多い。その商権は古河機械金属(株)が持っている。
C_cab_back_crane
CABIN[kǽbɪn]船室・操縦者ボックス船室、客室。操縦者ボックスのこと。
C_cabin
CAB OVER[kǽb óʊvər]キャブオーバーキャビン(客室)がエンジンの上にあるという意味で、トラックや古いワンボックス車のように座席の下にエンジンがあるボディタイプの総称。
CAF(CURRENCY ADJUSTMENT FACTOR)[kə́:rənsi | kʌ́r- ədʒʌ́stmənt fǽktər]通貨変動調整料金為替レートの変動に対して調整される割増料金のこと。カフと読まれる。
CAISSON[kéɪsɑ:n, -sn | kéɪsn, -sɔn, kəsú:n]]ケーソン防波堤や橋梁の基礎として、また沈埋トンネル等として使用される、コンクリート製または鋼製の巨大な箱型の型枠のこと。
CALCIUM(Ca)[kǽlsiəm]カルシウム銀白色で金属光沢を持つ固体。歯や骨の重要な成分。欠乏すると骨粗鬆症になる。乳製品、サンゴの骨格、鍾乳石、大理石等に含まれる。また、セメントの原料でもある。1808年、英国ハンフリー・デービー(Humphry Davy)が単離に成功。
CALL SIGN[kɔ́:l sáɪn]信号符字、無線の呼出符号船舶1隻ごとに与えられた船の識別コード。
CALLING PORT[kɔ́:lɪŋ pɔ́:rt]寄港地本船が立ち寄る港。
CANAL[kənǽl]運河、人工水路船舶の移動の為に造られた水路のこと。運河には海面と平行に造られた水路式と、閘門(水門)で水位を上下に調節することによって船を通過させる閘門式がある。ちなみに、スエズ運河は水路式で、パナマ運河は閘門式である。閘門式において船舶が自力で航行できない区間は、機関車やタグボートが牽引する。
CAPTAIN[kǽptən]船長、艦長1) 船長、艦長。船全体の指揮を執り、責任を持つ。
2) 海軍、米沿岸警備隊の大佐、海軍大佐。
3) 英国海軍、将官相当の艦隊副官(Fleet Captain)
4) 米国海軍の艦隊参謀、船長、艦長
5) スポーツクラブ等の主将。
CAPITAL[kǽpətl][名]1) 首都 2) 資本、資本金
[形容詞]1) 資本の 2) 大文字の 3) 命に関わる 4) 重大な
CAPITAL GAIN[kǽpətl géɪn]キャピタルゲイン保有する資産の値段が上がることによって得られる利益のこと。保有する資産として、土地や建物、株式、有価証券等が挙げられる。 ↔Capital Loss
CARBON(C)[kά:rbən]炭素透明(ダイヤモンド)、黒色の固体。地球上の生物の生命活動において重要な元素。人体の約23%を占めている。ダイヤモンドから鉛筆の芯までさまざまな物質が存在し、その数は5000万種以上もある(例: プラスチック、ゴム、合成繊維、ダイヤモンド、カーボンナノチューブ、炭、活性炭(浄水器、脱臭剤)等)。
CARGO[kά:rgoʊ]貨物船、飛行機、トラック輸送等で運ぶ貨物。
CARGO MANIFEST[kά:rgoʊ mǽnəfèst]積荷目録本船に船積されている貨物の明細書(積荷目録)のことをいう。船名、積地、揚地、B/L NO.、個数、荷姿、重量、容積等が記載されている(一般的には、単にManifest, M/Fという)。積地で船会社の代理店が作成し、揚地の代理店と船会社へ渡す。揚地では、これに基づいて揚げ荷の明細を確認し、税関に積荷目録を提出する。LCLの場合は、コンテナにバンニングされている小口貨物の明細となる。輸入申告は積荷目録が税関に提出された後に行われる。
CARPENTER[kά:rpəntər]大工船の営繕係。主に船内の木工作に従事する。甲板員の職種・職階を示すことがある。
CARRIER SECURITY CHARGE[kériər, kǽr- sɪkjʊ́ərəti, sə-]キャリアセキュリティチャージISPSコード (International Ship and Port Facility Security Code=船舶と港湾施設の保安のための国際コード)に対応するため、また港湾施設や輸送上の安全確保のため発生する荷主負担の諸費用。
CARTON[kά:rtn]カートン梱包段ボール箱による梱包のこと。
C_carton
CASE[kéɪs]ケース梱包外から中が見えないようにする梱包のこと。木材等が使われる。めくら梱包と言われる。
C_case
CBR (COMMODITY BOX RATE)[kəmά:dəti | -mɔ́d- bά:ks | bɔ́ks réɪt]品目別運賃コンテナ1本当たりにつき品目別に設定される運賃のこと。
CENTER RAMP[séntər rǽmp]センターランプ自動車船で、船体の中央舷側についたランプウェーのこと。主に乗用車の積み下ろしに使われる。
C_center_ramp_2

C_center_ramp
CFS (Container Freight Station)[kəntéɪnər fréɪt stéɪʃən]コンテナフレートステーションLCL貨物(コンテナ1本に満たない小口の貨物)をそれぞれの仕向け地別にコンテナ単位にしたり、コンテナから取り出して荷渡しする場所のこと。保税機能も備えており、ほとんど港頭地区にあるが、内陸(オフドック)のものもある。
C_CY
CHAMBER[tʃéɪmbər]船の食料保存庫本船の食料品倉庫を指す。冷蔵及び冷蔵庫。REFRIGERATING CHAMBERともいう。
C_chamber
CHANDLER[tʃéɪndr | tʃά:ndlə]船具店、船食船用品や本船の食料を取り扱う業者のこと。もともとは、船で使われる蝋燭を売る雑貨商を指していた。
CHART[tʃά:rt]海図港湾の形状、海岸線、海流、水深、障害物、航路標識等が記されている地図。船になくてはならない航海用具の一つ。
C_chart
CHARTER[tʃά:rr]傭船船会社が他船主から船舶を借り運航すること。
CHARTER BASE[tʃά:rr béɪs]チャーターベース、C/B1航海(積地から、揚地まで行き、そこからの次の積地までの航海)の収益金を1ヶ月・1トン当たりで算出したもの。運賃から店費と諸経費を引き、そこから所要日数(1ヶ月あたり)と重量トン数(Dead Weight)を割ったもの。
CHARTER PARTY[tʃά:rr pά:rti]傭船契約書(C/P)
CHASSIS[tʃǽsi, ʃǽsi, tʃǽsəs, | ʃǽsi]シャーシ、車台、台車、トレーラー広義的には、動かないものを支えるものを指す。
C_chassis
CHECKER[tʃékər]検査人船積貨物に傷、へこみ、擦れ等がないかをチェックする人、または会社。
CHIEF ENGINEER[tʃí:f èndʒəníər]機関長機関部のトップ。機関部を束ね統率する(「言うこと機関長」と揶揄されることもある。)
CHIEF MATE[tʃí:f méɪt]一等航海士CHIEF OFFICERに同じ。
CHIEF OFFICER[tʃí:f άːfəsər, ɔ́ːf-]一等航海士荷役全般を指揮する。WATCHは4~8時。航海中はQUARTER MASTERに操縦を任せ針路を指示したり、CHARTに針路図を描いたり、航海日誌を記入したりする。
CHIEF RADIO OPERATOR[tʃíːf réɪdioʊ άːpəréɪtər]通信長航海中のみ通信に従事する。停泊中は、出力の大きな無線は使えないため、大した仕事はない。現在は衛星電話やメール、ファックスがあるため乗船させていない場合が多い。
CHIEF STEWARD[tʃíːf st(j)úːərd]司厨長主調事とも呼ばれ、CREWの食事を予算に合わせて作る。また、CALLING PORTの船食(SHIP’S CHANDLER)に食材を注文する。
CHIP[tʃíp]木材のチップ木材を砕木機にかけて作る。製紙工場のパルプの材料に使われる。
C_chip
CHLORINE[klɔ́:ri:n, -rɪn]塩素黄緑色の気体。水道水に含まれる薬品であるカルキを始め、強力な殺菌作用があるため各種消毒剤や漂白剤にも用いられる。「塩化ナトリウム(=食塩)」は人体に欠かせない元素。原子番号17、ハロゲン、原子量35.45。1774年、スウェーデンのカール・ヴィルヘルム・シェーレ(Karl Wilhelm Scheele)が発見。
CHROMIUM(Cr)[króʊmiəm]クロム銀白色の固体で、「色」を意味するギリシャ語chromaが名前の由来。錆や摩擦に強い。クロムメッキ、ステンレス鋼として使用される他、電熱器用のニクロム線にも使われている。また、ルビーの赤色やエメラルドの緑色の着色成分としても利用されている。原子番号24、遷移金属、原子量51.00。1797年、仏ルイ=二コラ・ヴォークラン(Louis-Nicolas Vauquelin)により発見される。
CKD (COMPLETE KNOCK DOWN)[kəmplí:t nά:k | nɔ́k dáʊn]海外現地工場に自動車製造のための各部品を送り、現地にて組み立て完成車にすること。
CLASSIFICATION[klæ̀səfɪkéɪʃən]船級船級協会が船舶の船体・機関等を規定に即して検査し、それを証明する船舶の等級のこと。船舶を売買したり保険をかける際の基準となる。英国のロイド船級協会が世界的に有名・権威を有す。日本では日本海事協会がその業務を行っている。
CLIP[klíp]留め金具WIREとWIREの繋ぎに使ったり、WIREにSHACKLEを取り付けたりする時に使う留め金具。
C_clip
COBALT(Co)[kóʊbɔ:lt]コバルト銀白色の固体。鉄とよく似た性質を持つ元素で、磁石に強く反応する。青色絵具(コバルトブルー)、目薬、ハードディスクの磁気ヘッド等に利用されている。原子番号27、遷移金属、原子番号58.93。1735年、スウェーデンのイェオリ・ブラント(Georg Brandt)が発見。主要産出国はコンゴ民主共和国、中国。
COLD IRONING[kóʊld áɪərnɪŋ]陸上電源供給本船が着岸している際、その本船で使用する電力を陸上から供給するシステム。本船のディーゼル発電機等を使用しないことによって、CO2等の排出抑制ができる。
COLLISION[kəlíʒən]衝突、激突
CO-LOAD[kóʊ lóʊd]コーロードコンテナ1本に満たない貨物(LCL=Less than Container)同士を合積みすること。
COMBINED B/L[kəmbáɪnd bí:él]合併船荷証券
COMBINED CARGO[kəmbáɪnd kά:rgoʊ]連結貨物数港の積地の貨物を同一の買主に売る場合に1つのB/Lにする貨物のこと。
COMMUNICABLE DISEASE[kəmjú:nɪkəbl dɪzí:z, dəz-]伝染病、感染症人から人へ伝染する病気。 例) 風邪、急性呼吸器感染症(肺炎をもたらす病気)、結核、マラリア、エイズ、はしか等。
COMPLIANCE[kəmpláɪəns]法令順守法律や、企業規則に従って企業活動を行うこと。
COMPLEHENSIVE BONDED AREA[kὰ:mprɪhénsɪv bά:ndɪd, -əd | bɔ́ndɪd, -əd éəriə]総合保税地域外国貨物の蔵置・加工・製造・展示等の機能を総合的に、また比較的簡素に行える地域として税関長が許可した地域。日本では2015年8月現在、川崎・横浜・愛媛の物流センター・愛知県の中部国際空港が総合保税地域として許可されている。
COMPRESSOR[kəmprésər]圧縮機、圧縮ポンプ気体を吸い込み吐き出す間に、ある一定の圧力まで圧縮する機械の総称。
COMPULSORY PILOTAGE[kəmpʌ́lsəri páɪlətɪdʒ, -ά:ʒ]強制水先船舶の往来が多く混雑し、また地形や水路、潮流等が特徴的な水域にて、一定の基準以上の船舶(以下の日本の強制水先区水域では1万総トン以上の船舶)においてパイロット(水先案内人)の乗船・誘導が義務付けられていること。日本では東京湾・伊勢三河湾・大阪湾・備前瀬戸・来島海峡・関門が設定されている。
CONDENSER[kəndénsər]凝縮装置、蓄電器コンデンサーの基本は、空気や絶縁体を挟んで向かい合った2枚の金属板である。電気を蓄えたり放出する電子部品であり、直流を通さず絶縁する働きを持ち、電子機器には欠かせない。電圧を安定させたり、ノイズを取り除いたり、直流を遮ることで信号を取り出す働きをもつ。蒸気機関で蒸気を凝縮して液体にする装置のこともいう。
CONFIDENTIAL[kὰnfədénʃəl]親展、極秘、機密の個人以外に漏洩されないために使われる。
CONSIGNEE[kὰnsaɪní: | kɔ̀n-]荷受人B/Lに記載された、荷受人のこと。B/Lに基づき、荷物の引き渡しの権利を有する。 ↔荷送人(Shipper)
CONSOLIDATION[kənsὰ:lədéɪʃən]混載1つの輸送機関に複数の荷主の貨物を積み合わせること。コンソリ。
CONSTANT[kάnstənt | kɔ́n-]船に潜在する不明重量計測できない不明重量のこと。船内の錆や水垢、燃料タンクやバラストタンク内の汚泥や沈殿物、船体に付着する海藻、貝類、そして積荷に使われた資材等が挙げられる。コンスタントは船のデッドウェイト(Dead Weight)に影響を与える。
CONTAGIOUS DISEASE[kəntéɪdʒəs dɪzí:z, dəz-]伝染病接触する事によって感染する病気の総称。
CONTAINER[kəntéɪnər]貨物輸送用コンテナ貨物輸送用コンテナについては、輸送貨物の特徴に合わせ、様々な種類のコンテナが存在する。コンテナの長さで主流なものは、2種類あり、20フィートのものと、40フィートのものがある。また、貨物の種類に合わせてドライコンテナ(Dry Container)、冷凍コンテナ(Reefer Container)、オープントップコンテナ(Open Top Container)、バルクコンテナ(Bulk Container)、フラットラックコンテナ(Flat Rack Container)、ハイキューブコンテナ(High Cube Container)、タンクコンテナ(Tank Container)等が存在する。
C_container
CONTAINER CHASSIS
[kəntéɪnər tʃǽsi, ʃǽsi, tʃǽsəs, | ʃǽsi]]コンテナシャーシ海上コンテナを輸送するために製造されたフレーム構造のシャーシのこと。20フィート用と40フィート用等があり、シャーシの四隅には安全の為コンテナを固縛するツイストロックという緊締装置が備えられている。
C_container_chassis_
CONTAINER SHIP[kəntéɪnər ʃíp]コンテナ船コンテナを運ぶ船。コンテナ船には、コンテナのみを運ぶフルコンテナ船、コンテナ以外の貨物と一緒に積載するセミコンテナ船がある。コンテナ船の船艙内は、船底からハッチの上部まで、セル・ガイド(Cell Guide)という枠が設備されており、この枠に沿って収納される。このセル構造になっている船艙を、セルラー・ホールド(Celler Hold)という。またコンテナ船にどのくらいのコンテナを積めるかを、TEU(Twenty Foot Equivalent Unit / 20フィートコンテナ換算)で表す。大きなものになると、16,020TEUのコンテナ船が存在する。ただ、このような大きな船は全ての港には入れないので、設備のあるハブ港(Hub Port)にて小型のコンテナ船に積み替え、輸送する(フィーダーサービス)。
C_container_ship__
CONTRABAND CARGO[kὰ:ntrəbæ̀nd | kɔ́n- kά:rgoʊ]密輸貨物、輸出入禁制品輸出国又は輸入国によって輸出入が禁止されている貨物。
CONTROLLABLE PITCH PROPELLER[kəntróʊləbl pítʃ prəpélər]可変ピッチプロペラVARIABLE PITCH PROPELLERに同じ。
COPPER(Cu)[kά:pər | kɔ́pə]先史時代から人類に利用されている、光沢のある橙赤色の金属の固体。単独では軟らかい。そのため、合金として利用されることが多い。また、銀についでよく電気を通す元素。また、熱もよく通す。10円硬貨・銅メダル(スズとの合金、青銅)、5円硬貨(亜鉛との合金、真鍮)、50円・100円硬貨(ニッケルとの合金の白銅)、電線や鍋、銅像の材料として利用されている。原子番号29、遷移金属、原子量63.55。主要産出国はチリ、中国、ペルー、米国等。
COUNTER WEIGHT[káʊntər wéɪt]カウンターウエイトエクスカベーターやラフテレーンクレーンの旋回体後部に装備される鋳物の重りのこと。C/Wを装備することにより、前方に重量がかかっても転倒することを防ぐことができる。
C.Q.D. (Customary Quick Despatch)[kʌ́stəmèri | -əri kwík dɪspǽtʃ]慣習的早荷役不定期船において、対象となる貨物の船積、荷卸の経験が過去にある港において、傭船の簡素化のために採択される早荷役の取り決め。この場合、荷送人(Shipper)あるいは荷受人(Consignee)がステベーを手配するので、信頼できる相手の場合のみ、取り決められる。
CRANE[kréɪn]クレーン、起重機重量物をつり上げて、水平又は垂直方向へ移動させる荷役機械。
C_crane
CRATE[kréɪt]透かし梱包中身が見える梱包。木材等が使われる。めくら梱包(Case)より、梱包にかかる費用を抑えることができる。
C_crate
CREDIT NOTE[krédɪt nóʊt]貸方票売り手が請求書内容の訂正・修正・値引き・過剰請求等により、売掛金勘定(売上の未収金)に減少の記入をした旨を買い手に知らせる通知書のこと。
CRUDE OIL[krú:d ɔ́ɪl]原油油田から採掘したままの状態のもので、精製されていない石油のこと。主成分は炭化水素であり、その他硫黄、リン、窒素、酸素等の有機化合物や金属分や泥水分を含む。原油は製油所に運ばれ、蒸留装置や分解装置によってLPガス・ガソリン・ナフサ・灯油・ジェット燃料・軽油・重油・アスファルト等の様々な石油製品に変わる。
CRUDE OIL TANLER / CARRIER[krú:d ɔ́ɪl tǽŋkər | kériər, kǽr-]原油タンカー船艙がタンクになっている船舶(タンカー)のうち、原油を積載する船のこと。タンカーは大きさにより、①ULCC(30万重量トン以上)、②VLCC(約20~30万重量トン)、③スエズ・マックス(約15万重量トン)、④アフラ・マックス(約10万重量トン)、⑤パナマックス(約5~8万重量トン) に大きく分類される。
C-TPAT (CUSTOMS-TRADE PARTNERSHIP AGAINST TERRORISM)[kʌ́stəmz tréɪd pάːrtnərʃìp əgénst, ɪ-, -géɪnst térərìzm]テロ防止のための税関産業界提携プログラム2003年、米国政府により整備された、輸入貨物に紛れて武器や兵器、薬物が米国内に流入することを防ぎ、安全保障を強化するための認証プログラム。
CY (CONTAINER YARD)[kəntéɪnər jά:rd]コンテナヤードコンテナ・ターミナルとも言われ、船会社又は一部の国では港湾当局が管理する港湾施設であり、そこでコンテナの集積、保管、蔵置を行う。全てのコンテナ貨物はコンテナヤードを通して輸出入される。コンテナヤードは税関から許可された保税地域となっており、通関手続き等の諸手続きもここで行われている。
C_CY_with_caption


icon_alphabet_other_bicon_alphabet_other_xicon_alphabet_other_yicon_alphabet_other_z