icon_alphabet_other_bicon_alphabet_other_cicon_alphabet_other_xicon_alphabet_other_yicon_alphabet_other_z

貿易関連用語集 I
英語発音記号日本語解説
IA (INDEPENDENT ACTION)[ìndɪpéndənt ǽkʃən]独立行動権海運同盟のメンバーがその所属している同盟で設定されている運賃と異なる運賃を設定できる権利。
IACS (INTERNATIONAL ASSOCIATION OF CLASSIFICATION SOCIETIES)[ìntərnǽʃənl əsòʊsiéɪʃən əv klæ̀səfɪkéɪʃən səsáɪətiz]国際船級協会連合海上での船舶の安全維持、向上、そして船舶による海洋汚染防止のために基準を策定し、IMO(International Maritime Organization=国際海事機関)や世界の海洋関連業界にアドバイスし、協力することを目的とした船級協会の国際団体。1968年に設立された。
IAPH (INTERNATIONAL ASSOCIATION OF PORTS AND HARBORS)[ìntərnǽʃənl əsòʊsiéɪʃən əv pɔ́:rts ənd hά:rrz]国際港湾協会世界の港湾の発展と港湾関係者の交流を目的として1955年に設立された国際NGO団体。ILO(International Labour Organization=国際労働機関)やIMO(International Maritime Organization=国際海事機関), UNCTAD(United Nations Conference on Trade and Development=国連貿易開発会議)等から非政府諮問機関と認められている。本部は東京都港区。
ICD (INLAND CONTAINER DEPOT)[ínlənd, -læ̀nd kəntéɪnər dépoʊ]内陸部にあるCFS(=Container Freight Station)を兼ねたCY(=Container Yard)のことを指す。
ICTF (INTERMODAL CONTAINER TRANSFER FACILITY)[ìntərmóʊdl kəntéɪnər trǽnsfə:r fəsíləti]複合コンテナ接続基地北米太平洋岸(ロサンゼルス・ロングビーチ・サンフランシスコ等)のコンテナ複合輸送接続基地を指す。効率的なDST(Double Stack Train)輸送が行うことができる。
IMDG CODE (INTERNATIONAL MARITIME DANGEROUS GOODS CODE)[ìntərnǽʃənl mérətáɪm, mǽrə- déɪndʒərəs, -dʒərs gʊ́dz kóʊd]国際海上貨物危険物規定国際連合危険物輸送専門家委員会により2年ごとに行われている勧告のことをいう。危険物の定義や海上輸送の際の表示、積み付け等運送基準が定められている国際規格。
IMO (INTERNATIONAL MARITIME ORGANIZATION)[ìntərnǽʃənl mérətáɪm, mǽrə- ɔ̀:gənəzéɪʃən |-naɪ]国際海事機関海上の安全・環境保全及び国際的な船舶の規則・条約等を策定する国連の専門機関。
INCOTERMS(INTERNATIONAL COMMERCIAL TERMS)[ínkoʊtə́ :rmz (ìntərnǽʃənl kəmə́:rʃəl tə́:rmz)]インコタームズ国際商業会議所(ICC)によって制定された貿易取引条件と、その解釈に関する国際規則(INTERNATIONAL COMMERCIAL TERMS)である。貿易取引条件の統一を図るために制定された。インコタームズは、売主・買主間の物品の引き渡しに関する、役割や費用、運送に伴う危険の負担区分について、基本的な規則を定めている。それらの規則は、アルファベット3文字であらわされ、インコタームズ2010では、EXW(工場渡し), FCA(運送人渡し), CPT(輸送費込み), CIP(輸送費保険料込み), DAT(ターミナル持込み渡し), DAP(仕向け地持込み渡し), DDP(関税込み持込み渡し), FAS(船側渡し), FOB(本船渡し), CFR(運賃込み), CIF(運賃保険料込み)の11の規則がある。
INFECTIOUS DISEASE[ɪnfékʃəs dɪzí:z, dəz-]伝染病病気を起こした個体(ヒトや動物など)から病原体が別の個体へと到達し、連鎖的に感染者数が拡大する感染症の一種。
INLAND DEPOT[ínlənd, -læ̀nd dépoʊ]内陸保税置場内陸地に設けられた、保税上屋。通常、港にて行われるデバンニングができるため、経費削減・手続きの効率化等ができる。
INLAND FUEL SURCHARGE[ínlənd, -læ̀nd fjú:əl sə́:rtʃάːrdʒ]内陸燃料割増料金米国内陸輸送(トラック・鉄道)の燃料費高騰に対して課される割増料金。
INLAND SEA[ínlənd, -læ̀nd sí:]瀬戸内海
I_Inland_sea
INTERMODAL[ìntərmóʊdl]複合一貫輸送貨物・場所に応じて最適な輸送手段を利用し、一貫輸送をする物流方法。
INTERNATIONAL CONVENTION FOR THE CONTROL AND MANAGEMENT OF SHIPS' BALLAST WATER AND SEDIMENTS, 2004[ìntərnǽʃənl kənvénʃən fər, fr ðə kəntróʊl ənd mǽnɪdʒmənt əv ʃíps bǽləst wάːtər, wɔ́:- ənd sédəmənts]バラスト水管理条約(船舶バラスト水及び沈殿物の管制及び管理のための国際条約)船を安定させたり、前後、左右舷の傾きを変えて荷役をスムーズに行うため、複数あるタンクの注水量を調整する海水のことを指すバラスト水であるが、寄港地等でこのバラスト水を捨てたり入れ替えたりするため、当該国の動植物が世界各地の在来種を駆逐したり、増殖し、漁業や生態系に影響を及ぼすことが多くなってきている。このバラスト水管理条約は、そういった外来種拡散を防止し、海洋生態系を保全するため、バラスト水の排出基準を定め、排水浄化を義務付ける条約である。発効要件は30か国以上の締結とその国々の商船総トン数が世界全体の35%を超えること。その超えた日から12ヶ月後に発効する。2015年3月現在では、44ヵ国(日本は2014年10月に批准)が批准、その合計船腹量は全世界の商船の32.8%を占めているため、間もなく発効要件を満たす見通しとなっている。
INTERPORTS[ìntərpɔ́:rts]近港日本からでは、極東・東南アジアの各港のことを指す。また、近海という意味も持つ。
INVOICE[ínvɔɪs]商業送り状主に輸出入を行うときに使用し、約定品の出荷案内書、物品明細書、価格計算書、代金請求書を兼ねた商用書類で、売主が買主宛に作成する。
IPI (INTERIOR POINTS INTERMODAL)[ɪntíəriər pɔ́ɪnts ìntərmóʊdl]インテリアポイントインターモーダル海上輸送にて北米太平洋岸まで貨物を輸送し、そこで貨物を鉄道に積み替えた後にカナダ内陸または北米中西部まで輸送すること。
IR (INVESTER RELATIONS)[ɪnvéstər rɪléɪʃənz, rə-]投資家向け広報活動企業が主に株主や投資家に対し財務状況や経営方針、成果を公表し理解・評価を得る情報公開活動。
IRON(Fe)[áɪərn]銀白色の固体で、金属製品(鉄鋼、船舶や車輌のボディーや建物の鉄筋、磁気ディスク等多岐に渡る)の95%で鉄が使われているという程、金属として最も利用されている。単独では軟らかい金属であるが、炭素等を加え合金とすることで硬くなる。人体においては、血液中に酸素を運ぶヘモグロビンがこのFeを含む。古くから人類に使われている。現在の主要産出国は中国・オーストラリア・ブラジル。
ISM CODE (INTERNATIONAL SAFETY MANAGEMENT CODE)[ìntərnǽʃənl séɪfti mǽnɪdʒmənt kóʊd]国際安全管理コード
(船舶の安全航行及び汚染防止のための国際管理コード)
人的要因で起こる船舶事故を防止するために、1993年にIMO総会にて採択された国際的な船舶安全管理の指針。
ISO (INTERNATIONAL ORGANIZATION FOR STANDARDIZATION)[ìntərnǽʃənl ɔ̀:gənəzéɪʃən |-naɪ fər, fr stæ̀ndɚdɪzéɪʃən | -daɪz-]国際標準化機構国際間取引を円滑にするための標準的、共通の規格を定める機関。コンテナにもISO規格が存在する。
ISPM (THE INTERNATIONAL STANDARDS FOR PHYTOSANITARY MEASURES)[ðə ìntərnǽʃənl stǽndərdz fər, fr fàit oʊsǽnətəri méʒərz]植物検疫措置に関する国際基準
ISPS CODE (INTERNATIONAL SHIP AND PORT FACILITY SECURITY CODE)[ìntərnǽʃənl ʃíp ənd pɔ́:rt fəsíləti sɪkjʊ́ərəti, sə- kóʊd]船舶と港湾施設の保安のための国際コード2001年の米同時多発テロ事件以降、SOLAS条約に「海上における保安を強化するための特別措置」が加えられ、2004年7月に条約として発効された。その後、客船及び500総トン以上の船舶は全てこのISPSコードに適合し、国際保安証書の所持をすることが義務付けられた。

icon_alphabet_other_bicon_alphabet_other_cicon_alphabet_other_xicon_alphabet_other_yicon_alphabet_other_z