5)コンテナ輸送
 
貨物をより安全に迅速に届ける方法として、コンテナ船による輸送がある。
コンテナ船のメリットとしては、雨中荷役が出来、且つ、荷役が速い為SAILING SCHEDULEが正確であり、さらには一般的にコンテナ船の航海速度が速いので、在来船より速く、現地に届ける事が出来ることである。又、盗難や荷痛みの防止、梱包費用や陸上輸送費の削減が挙げられる。一方またデメリットとしては長尺貨物、重量貨物、不安定貨物、危険物の輸送には適さないことが挙げられる。
コンテナ輸送をする場合、その貨物の数量や種類に因って、取扱方法が異なってくる。
 
まず、コンテナ船の種類、コンテナのサイズの明細を、下記に掲げる事にする。

(1) DRY CONTAINER

containercml1

2015年4月 於福岡県博多港

 一般雑貨の輸送に適しており、20×8×8.6(ft)、40×8×8.6(ft)が一般的であり、特殊な例としては、20×8×9.6(ft)、40×8×9.6(ft)のHIGH CUBE CONTAINERや8×10×35(ft)のコンテナがある。
 その外寸、内寸、重量、最大積載量はアルミ製、スチール製等、メーカーにより様々であるが、大旨、それぞれ下表の様になっている。そしてその他のコンテナのDIMENSIONもそれに準じている。貨物を出し入れする扉は、後側に一か所LOCK出来る扉が付いている。

 外寸 L×W×H(M/M)内寸 L×W×H(M/M)本体重量最大積載量
20ft(アルミバン)6,058×2,438×2,5915,926×2,349×2,3821,790kgs22,210kgs
20ft(スチールバン)6,058×2,438×2,5915,899×2,352×2,3862,220kgs21,780kgs
40ft(アルミバン)12,192×2,438×2,59112,052×2,346×2,3822,870kgs27,610kgs
40ft(スチールバン)12,192×2,438×2,59112,033×2,352×2,3863,740kgs26,740kgs

 貨物はこのコンテナの中に、FORK LIFT又は人手に依ってVANNINGされるのであるが、計算上では入っても、例えばDIMENSIONが3m×2m×1mの貨物は、FORK LIFTの爪の長さから言って、積載する事が不可能である。しかし、以下のOPEN TOPやFLAT LAGのコンテナではクレーンを使用したり、CARGOを横にしてFORK LIFTで積載できる。ただ、OPEN TOPのコンテナの主な利用法は、穀物(GRAIN)や鉱物(ORE)であり、本来の利用法ではない。なお、DRY CONTAINERの上部は、薄いSTEEL又はALMINIUMの板なので、コンテナ以外の貨物は載せることが出来ない。

(2) FLAT LAG
 コンテナの高さが約2.3mなので大型のFORK LIFTが入れず、単体の重量が2t以上の貨物は積む事ができない。又、長さが3m以上の貨物は、FORK LIFTの爪の長さが長いもので1.7~1.8mであり、爪に載せると不安定になるので、DRY CONTAINERには入れる事が出来ない。その為、組立可能な骨組みだけのFLAT LAGは、横からも載せる事が可能なので、BULLDOZERや工作機械等の、重量、長尺貨物に適している。

(3) OPEN TOP
 コンテナの上部が開いているので、化学反応を起こしにくい粉末、例えば鉱物(ORE)や穀物(GRAIN)等のバルク(BULK)物の積込みに適している。又、コンテナに入れるには嵩が大きく、上から落とし込まなければならない貨物にも利用できる。しかし、上にカバーを掛けても防水効果が弱いので、注意しなければならない。

(4) TANK CONTAINER
 コンテナの枠組の中に、TANKを収納しており、小口ロットの液体を運ぶのに適している。そのTANKにも色々な種類があり、化学反応しない様な金属で造られた物もある。主にSHIPPER’S VANである。

tank1

2015年1月 於兵庫県神戸港

(5) REEFER CONTAINER
 冷凍、又は冷蔵を要する貨物を運ぶ場合は、REEFER CONTAINERを使う。もしSEMI-CONTAINER CARRIER等で冷却装置を稼働させる電源が無い場合は、発電機を備えているREEFER CONTAINERが必要となる。これらの殆どは、軽油を燃料にしてDYNAMOを回しているので、排気の為、HATCH WAYに載せられる。主に運ぶ貨物としては、魚介類、食肉、乳製品等の食品である。

reefer1

2015年4月 於福岡県博多港

 次に、VANNINGされたコンテナの陸上での輸送方法を、下記にて紹介する。
VANNINGされたコンテナはCONTAINER CHASSIS(TRAILER)に載せられ、TRUCK TRACTOR(牽引車)と接続(JOINT)され、そのままCONTAINER YARDに輸送される。SEALAND社では、YARDに置く場合でも、ON CHASSISのままだと手早く輸送できるので、常にON CHASSISでYARDに置いているが、他社は、CONTAINER VANだけであれば、重ね積みも出来、場所や費用を多く取らない事と、またTRAILER(被牽引車両)の有効利用の為、野積みにしている場合が多い。
CONTAINER YARDに運び込まれたコンテナは、FORK LIFTやSTRADDLE CARRIERで積み重ねられる。LOADINGの際は、CONTAINER YARDより本船の船側までSHIFTし、本船のDERRICKやCRANE、もしくは岸壁のGANTRY CRANEを利用してLOADINGされる。

CY1

2015年4月 於福岡県博多港カメリアラインコンテナヤード

trailor1

2015年4月 於福岡県博多港カメリアラインコンテナヤード ストラドルキャリアにて積まれているコンテナ

gantrycrane2

2014年9月 愛知県名古屋港 ガントリークレーン

コンテナの船積み
a) 大口貨物(FCL…FULL CONTAINER LOAD CARGO)
運賃も殆どの航路で、主にBOX RATEで決められている為、COMMODITY WISEの運賃が適用されず、小口ロット(LCL…LESS THAN CONTAINER LOAD)の様に割高ではない。
SHIPPER’S VANの場合もあるが、殆どの場合、CARRIER’S VANであり、SHIPPERはCARRIERからコンテナを借りてCARGOをVANNINGし、通関手続を済ませて、CY(CONTAINER YARD)に直接コンテナを運び込む。
 
以上が概略であるが、SHIPPER側の手続は下記の様になる。
 
SHIPPERの代理人である乙仲は、CARRIERからコンテナをCARRIERのCYで借り受け、その時に受け取ったコンテナの状態を確認する為、EQUIPMENT RECEIPT(機器受渡証)を交換する。貨物がSHIPPERの指示に依ってMAKERもしくはSUPPLIERから既に乙仲、もしくは乙仲の指定する倉庫、又はYARDに搬入されている場合は、コンテナをその場所に移動して、あらかじめ通常の方法で通関した貨物をVANNINGしてCYに持ち込む。又、工場でVANNINGする場合は、コンテナ扱申出書を税関に提出し、許可されれば、コンテナを工場に運び入れ、VANNINGの後、コンテナ詰貨物証明書を税関に提出し、税関検査の必要の無い貨物については、通関後、そのままCYに持ち込む。検査が必要な貨物については、税関が立合い検査をして、許可後コンテナをCYに持ち込む。その時、乙仲はコンテナの内容をコンテナ内積付表(CONTAINER LOAD PLAN)に記載し、輸出申告書の原本、そして必要部数を前もって作成したB/L ORIGINALとB/L COPYを共にCY OPERATORに手渡す。この場合、CY OPERATORは、事務が煩雑になるとの理由により、何らの貨物受取証も発行しない。
 
b) 小口貨物(LCL…LESS THAN CONTAINER LOAD)
 
FCLと違って、BOX単位で借りるには、量からしてBOXの運賃が高過ぎる場合、SHIPPERはCARGOを、CARRIERのCFS(CONTAINER FREIGHT STATION)に搬入する。CFS OPERRATORは、SHIPPERから受取ったCARGOを、自社のVANにVANNINGして、CYに持込む。
 
以上が概略であるが、SHIPPER側の手続は下記の様になる。
 
SHIPPERの代理人である乙仲は、通常の通関手続を終了した後、自社、又は乙仲が委託した倉庫(LCL CARGOの場合は原則として野積はしない)より、CFSに搬入する。その時、輸出申告書原本、前持って作成した必要部数のB/L ORIGINALとB/L COPY及びDOCK RECEIPTを手渡す。その場合もCFSは、事務が煩雑になるとの理由により、何らの貨物受取証も発行しない。この場合、CFSのカット(本船の到着迄にCARGOをCYに持込む必要があるので、CFSが設定する乙仲から貨物を受取る締切日)が、大体、本船到着の2日前なので、注意しなければならない。
 
又、特別の場合として、SHIPPER又はSUPPLIER(MAKER等)が、直接CFSにCARGOを持込み、後程、乙仲がそのCARGOをCFSから預かって、税関に持込み、税関検査を受け、CFSにCARGOを戻し、その時に、作成した必要部数のB/L ORIGINALとB/L COPY及びDOCK RECEIPTを手渡すことがある。この場合は費用が前者に比べて比較的安くなる場合があり、通関に要する日数も短くなるケースがある。