船員は、海技免許を持った船舶職員(サロンクラス)と、海技免許を持たない部員(メスクラス)とに大きく分けられる。

英語(別称)発音記号日本語(別称)
SALOON(SALON) ROOM[səlúːn (səlάːn | sǽlɔn) rúːm]サロンクラス(士官クラス)
★DECK DEPARTMENT[dèk dɪpάːrtmənt, də-]甲板部(デッキ)
CAPTAIN (MASTER, CAPT.)[kǽptən (mǽstər)]船長(キャプテン)
CHIEF OFFICER (CHIEF MATE, C/O)[tʃíːf άːfəsər, ɔ́ːf- (tʃíːf méɪt)]一等航海士(チョッサー)
SECOND OFFICER (SECOND MATE, 2/O)[sékənd άːfəsər, ɔ́ːf- (sékənd méɪt)]二等航海士(セコンドッサー)
THIRD OFFICER (THIRD MATE, 3/O)[θə́ːrd άːfəsər, ɔ́ːf- (θə́ːrd méɪt)]三等航海士(サードッサー)
★ENGINE DEPARTMENT[éndʒən dɪpάːrtmənt, də-]機関部(エンジン)
CHIEF ENGINEER (C/E)[tʃíːf èndʒəníər]機関長(チェンジャー)
FIRST ENGINEER (1/E)[fə́ːrst èndʒəníər]一等機関士(ファーストエンジャー)
SECOND ENGINEER (2/E)[sékənd èndʒəníər]二等機関士(セカンドエンジャー)
THIRD ENGINEER (3/E)[θə́ːrd èndʒəníər三等機関士(サードエンジャー)
★RADIO DEPARTMENT※1[réɪdioʊ dɪpάːrtmənt, də-]無線部
CHIEF RADIO OPERATOR※1[tʃíːf [réɪdioʊ άːpəréɪtər]通信長(局長)
PURSER※1[pə́ːrr]事務長(パーサー)
MESS ROOM[més rúːm]メスクラス(部員クラス)
★DECK DEPARTMENT[dèk dɪpάːrtmənt, də-]甲板部(デッキ)
BOATSWAIN (B/S)[bóʊsn]甲板長(ボースン)
CARPENTER※2[kάːrpəntər]大工長(カーペンター)
ABLE SEAMAN / QUARTER MASTER[éɪbl síːmən / kwɔ́ːrr mǽstər]甲板手(エイブルシーマン/コーターマスター)
ORDINARY SEAMAN / SAILOR[ɔ́ːrdənèri síːmən / séɪlər]甲板員(セーラー)
★ENGINE DEPARTMENT[éndʒən dɪpάːrtmənt, də-]機関部(エンジン)
NO.1 OILER[nʌ́mbər wʌ́n ɔ́ɪlər]操機長(ナンバン)
NO.2 OILER[nʌ́mbər túː ɔ́ɪlər]操機手(ナンブツー)
NO.3 OILER[nʌ́mbər θríː ɔ́ɪlər]操機手(ナンブスリー)
WIPER[wáɪpər]操機員(ワイパー)
★GALLEY DEPARTMENT[gǽli dɪpάːrtmənt, də-]司厨部
CHIEF STEWARD[tʃíːf st(j)úːərd]司厨長(主調事)
COOK[kʊ'k]司厨手(コック)
SALON BOY (PANTRY BOY)[səlάːn | sǽlɔn bɔ́ɪ / pǽntri bɔ́ɪ]司厨員(サロン)

※1…通信長、通信士:1979年のインマルサットと呼ばれる通信衛星の登場により、モールス通信による電報の取扱いは無くなったため、船舶において通信長、通信士はいなくなった。
※2…大工長(船匠):木造帆船の時代には、必ずカーペンターが乗船し、航海中の船体や船内設備の補修・点検をしていた。木造帆船が減り、鋼船の時代になり、船内就労体制が変化するとともに、この仕事は甲板部員が行うこととなり、現在では船におけるカーペンターの職種はない。